読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っ払いと公衆便所

アカン吐きそうや

コミュニケーションブレイクダウン


STRAY CATS - Foggy Mountain Break Down - YouTube

齢16にしてパンクスと言う因業な道を歩んだことにより、その後就いた職業も因果な物が多く、介護福祉士催眠商法香具師、眼鏡屋の雇われ店主と頭を丸めても丸めきれないほどの渡世をしてきてしまった。で。どの業界でもいえるのは、物事先には行った者が長となり後からきた者は従となるのが道理である。だがいまいち釈然としないのが若者の無礼千万についてである。めがね屋の店主をしていたときに毎年新入社員君たちが入社してくるのだが最初はグングンにリキみ返っていて滑稽なのだが、三ヶ月もするとキラキラしていた眼は腐り果て、自分の未来に完全に絶望して退職していくのが常だった。私はそんな新入社員の中でS君という男を部下にした。S君は決して口数が多い方ではなく、仕事中は全く口を切かないのである。たまに口を開けば 飯どうしますか? レジ締めどうしますか? 帰りますか? の三つしか口をきかぬのである。通常なら部下のつとめとしては、先達に対して 今日暑いっすねージュースかってきまーす。店主はコーラで良いっすか? や 昨日みたポルノビデオがすっげー抜けたんで明日DVDに焼いてコマス。 や 今日はキャバとオッパブ、ヘルスのピンクの三連星でもいきませんか? など私の気分をアッパーにしてより仕事を円滑に進めるためオベンチャラを言うべきである。なのにしない。売り場にこもってユーチューブをみているのである。おのずと二人の空気は暗い物になってしまうので私は年かさの余裕をぶちかますため積極的に話しかけた。S君は無愛想な癖して、コムサの服を着ていたり、未来的な車に乗っていたり、ハウスとよばれるミュージックを聴いていたりととても個性的な奴なのである。私は思いきってハウスミュージック好きなんだ? ときくと フツーっすね。 と言われた。コミュニケーションが終わった。人生も。 ここで負けてなるものか。 ヘイブリットって言うのあの車?かっこいいね。 ときいた。 フツーっすね。 と言われた。コミュニケーションが終わった。愛する心も。 まだまだあ!と勢い込んで コムサデモード好きなんだ? フツーっすね。 と言われた。 コミュニケーションが終わった。世界も。でムキになった私はS君の 家族構成 友人関係 恋愛関係 好きな食べ物 犬派 猫派 かなりの個人情報をほじくり出したのだがすべて フツーっすね。 の一言でコミュニケーションが終わり、私のいろいろな物が終わった。絶望に打ちひしがれていた私のS君は パンクとか好きなんですか? と聞いてきた。私は絶望で頭が真っ白になっていたあので フツーっすよ。と答えた。人間がどんどん終わっていくなあと思いました。うふふ
f:id:akinobu0227572905:20170519105806j:image