読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っ払いと公衆便所

アカン吐きそうや

キレッキレです。


ザ50回転ズ - YouTube

切れる40代が増えたそうである。なぜおっさんは切れるのだろうか?金がないからである。40代といったら人生のなかで一番金のかかるときである。 住宅ローン 子供の学費 親の介護費 車のローン 上司、部下との交際費。イメクラ代など稼げども稼げども明日は見えない。楽になるのは子供が成人し会社に就職してからであるが、受験に失敗。就活に失敗。そのままニートの引きこもり。自分の小遣いは2万円。こんなことが一生続くのであればそら切れるでしょうね。コレはもうしょうがない。私もあと5年もすれば40である。ナイスミドルなガイになるつもりだが切れない自信が全くないのである。確かに私は気短な方ではない。しかしトシシュンのように気長かといったら全然である。なので物事が停滞し始めるといくら心頭滅却をしても頭に血が上ってしまいとても不愉快な気分になってしまうのである。特にレストランね。大体において私は食にはあまり頓着しないが結構美食家で一回2000円3000円のランチを平気で食べる。そうゆう強気な店は総じてあつえらる料理もおいしいのでいつもこんでいる。なぜこんなにこむのかは、店員の接客態度料理の善し悪しで決まるのだが何事にも例外があり、おばはんの問題である。おばはんは飯を食うのは異常に早い。しかし店内にいる時間は長い。おばはんは早急に飯を食ったあとコーヒーを飲みながらおばはん仲間と談笑。一時間でも二時間でも居座るのである。そんなおばはん愚連隊が数グループも居座っているのに見せ側は何もしないのである。行列は全く動かず聞こえてくるのはおばはんの がっはっはは という笑い声と やだー ちょっとー という意味不明なほたえ声だけである。行列のお客さんはソコここで沸騰。不穏な空気が停滞し始める。最終的にさんざんほたえたおばはんはすっくと伝票を取り上げレジカウンターへ。そこでも 今日は私が持つわ! いや私が持つ! この前ごちそうになったから今日は私が! と伝票のつかみ合いを演じるのである。なぜそんな無益なことをするのか? 金を払ったモノがエラいというヒエラルギーが形成されるため、おばはんたちは我先にゲンナマをレジに放り込むトップ取りの争いに興じるのである。そのためおばはんの頭上では伝票がひらひら舞いその周りを不細工な阿波踊りをしているような格好でおばはんはダンスする。なめるなおばはん。 呪われよ偽善の律法学者おばはんたちよ。 と私はおばはんを猛烈に呪い。 はよせいボケナスが!そろいもそろってきたねえアワビそろえやがって!!生臭くって嗅いでらんねーぜ!クソやろう。と切れてしまったのである。その後店員さんにやや強く叱られ退転。ゲームオーバーとなりました。やっぱり切れちゃ行かんなあ。とテレビを見ていたところ 笑いは寿命を延ばす という健康番組がやっていて私は莞爾と思って、これからは何事も笑顔だよ。おっかさんなんて言って私は笑うことにした。わはは わはは おふぉふぉ おふぉふぉ その後看護士さんから苦い薬と鎮静剤を打たれ特別な個室に移されました。おふぉふぉ。
f:id:akinobu0227572905:20170516095952j:image