読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っ払いと公衆便所

アカン吐きそうや

三角コーナーの総旗艦

エッセイ

今日、食後。 コーヒーでも飲もうかしらと思い、インスタントコーヒーを入れたカップを持って病院の流し場に向かったところとんでもない光景を見た。

その流し場は患者全員共同で利用するところで掃除はヘルパーさんもしくは掃除業者の人が朝と夕に行う。今日の朝食後にはもう掃除が済んでいたらしくきれいだった。わたしはカップをお湯のでるところに近づけたところ目の中にありえない物が映った。三角コーナーに油揚げが落ちている。 大きさ的にはスーパーや豆腐やの油揚げと比べるとやや小さく、味噌汁の物と比べるとやや大きい。

どうみても「赤いきつね」のあげである。私はドラッグのヤりすぎもしくはアルコールの飲み過ぎによる幻覚かと思った。

まず 赤いきつね の油揚げが単体でそこに捨ててあるはずがないのである。しかし周りを見渡してみてもうどん一本、ネギ一片、捨ててないのである。なぜ犯人は油揚げの死体のみ遺棄しなくてはいけなかったのか?名探偵コカンになったわたしはかんがえた。

赤いきつねの油揚げといったら日本帝国艦隊で言うと総旗艦三笠 もしくは長門。この船をなくしてはうどんという艦隊を指揮することが出来ないのである。そんなうどんの主力が捨ててあるなんて敵に向かって万歳して撃ってくれといわんばかりの愚考である。あの甘い油揚げがなかったら赤いきつねではなくなってしまい 赤いナニか? になってしまうあり得ない。私は何度も目をこすってみてもそこにあるのは例の油揚げである。名探偵コカンは悩む。なぜ油揚げを捨てたんだ?ていうか油揚げ棄てんなら別のカップめんじゃだめだったのか?誰か説明してくれ!

まず状況を説明すると犯人は100%患者である。患者はあまり頻繁に買い物外出できないので院内の売店でカップめんなどを購入する。売店にはカップヌードル 一平ちゃん ペヤング ごつもり ワンタンスープ 赤いきつね 緑のたぬき スーパーカップなど様々なラインナップから形成されている。犯人はこのラインナップから赤いきつねを選びそして油揚げを棄てた。多分うどんは食ったのだろう。緑のたぬきではいけなかったのだろうか?かわりはいくらでもいるじゃねーか!名探偵コカンはこの赤いきつねオアゲシタイイキ事件のまえにはかなく散ったのである。私は油揚げにせをむけてその場を去った。釈然としない。コーヒーは苦かった。精神病院ではこうゆうミステリーがよく起こるので困る。
f:id:akinobu0227572905:20170419121246j:image