読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っ払いと公衆便所

アカン吐きそうや

ブラックアンドホワイト

現在精神病院に入院中である。ながら。堂々とvシネマを見ている。考えられないと自分でも思う。ワタシは今回で三回目の入院であるがこんなに革新的なことをしたのは初めてだ。見ているvシネは清水健太郎主演の「首領(ドン)への道」である。シミケン演じる桜井鉄太郎と言うヤクザ屋さんが、日本一の首領目指してのし上がっていくという熱いオトコのシネマである。数年前にニコニコ動画の釣り動画として違法にアップされてから「なんかおもしろい」となって人気が爆発して今にいたっている。とてもおもしろいのでワタシもついつい見てしまう。で今日もポマードで頭をオールバックにしストライプのスーツを着てヤクザ屋さんごっこをしながら見ていると敵の組織に出入りしているスパイを拷問するシーンがあり、そのときの台詞が頭にこびりついた。

「極道の世界は白か黒じゃ灰色は黒なんじゃい!!」といって敵のスパイを殺す。インパクトのあるシーンだった。たしかに宮崎学も著作にて書いていたが、極道社会自体戦前の神戸の港湾人足の集団である。よりよく仕事を見つけ稼ぐために集まった労働組合から始まって、戦後のの無頼外国人の排除。芸能業界のスポンサーなどとんでもなく大変な仕事をしているので人と人とのぶつかり合いでは白か黒しかなくなっても当たり前だと思う。人生大概のことは二択である。やるか やらないか はっきりしとかないと物事が進まないこともある。もちろんワタシも含めみんな極道さんとは違うのでグレーもある。ただグレーは物事の進行させる上での過程であって結果ではない。なので追いつめられると人間どちらかを選ばなければならない。辛いことである。

外国の人なんかはこのシンプルに二択で生きている人が多く、タイパブなんかに行って おっぱいもませて といってもだいたいイエスかノーである。たまに チップくれるならもませてやってもいい というひともいる。逆に日本のキャバクラに行くと同様にイエスかノーで答えてくれる人は少なく どうしようかなあ とか 今日はだめ とかかなりグレーなことを言う。ワタシは言いたい「スケベ親父は揉むか揉まんかや!灰色は揉むんじゃ!!」とさけび黒服さんに引きずられボコボコにされたい

。なので決めるときにはきっちり決めておかないと自分が損するのである。

極道社会以外にも白黒はっきりしとかんと行かんことがある。

まず安藤美姫は果たして美人なのだろうか?世間では劣化した小池栄子みたいな扱いになっているがワタシはセックスしたいので美人と言うことでオーケー。しかしかなりグレーに近い黒である。浅田真央はどうだろう?長州小力に似てるよね。グレーだな白よりの。スケート選手って何であんなに白黒はっきりつかないような顔の人が多いいんですかね。イナバウワーの人も。
f:id:akinobu0227572905:20170415104543j:image