読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っ払いと公衆便所

アカン吐きそうや

SevenStarマジック

エッセイ

先日、日課である書見にもあきて、昼寝を二回もしてしまいまったくやることがねーよ。と思ってショウガネー煙草でも吸ってコましたろと考えて、病院の中の喫煙室によってみた。そこには私と同じように暇を持て余したじいさんやばあさんがいてなんやかや声をかけられるのを無視して、無心。明鏡止水の心でSevenStarを吸っているとふと変な考えが頭に浮かんでしまったのである。それは日々の喫煙による金銭的な損失についてである。私は1日15本から20本のたばこを吸う。一箱480円なので割ることの20本で計算すると一本あたり24円である。まぁたいしたことないな。と思うが、この24円で楽しめるのは時間にすると2、3分。私は特にたばこの始末が早い。パッとつけてシュッと吸ってサッと去る。多分そんな私の姿を見たら世のオナゴシたちは「いなせやわぁ」「男前やわぁ」となるに違いない。ただ思ったのは、一本24円で2分って言ったら一箱40分。まあずっと吸っているわけではなくいが1日通してたばこに費やす時間が40分使っていることになる。たとえば同じく金をつかうならSevenStarの金額と同じような文庫本を買えば40分以上楽しめるため漫画家蛭子さん曰く「結婚したのはお金払わず無料でセックスできるから」という至言もタバコは意外に高級品だと考えると妙に納得できてしまう。なので私は一年間でどれだけ錢を払っとるのか計算してみたところ1日一箱でなんと175200円になっているのだった。愕然とした依然まっとうに仕事をしていたときの月収の手取りと同じくらいなのだ!喫驚した。驚愕した。この銭があればプレステ4や洗濯機、大型テレビ、タブレットポールスミスのスーツ、デュポンのライター、フェラガモのバッグ、オメガなどが買える。宇宙戦艦ヤマトのブルーレイも買える。くわぁそうだったのかぁ!と思い私は禁煙する事にした。別に入院してるのでプレステとか洗濯機なんかイラネージャンと思うのだが情けないことに入院中は毎月一回おこずかいとして銭を渡されそれでやりくりするんですわ。だから月初はいい。パンとか本を買ってフクフクするのだが二十日を過ぎると洗濯やら何やらで切り詰まってきて次のおこずかいの日までたばこのご機嫌を伺って「後三箱しかねぇとてもまにあわねぇそういえば隣りの奴にマアジャンのかしがあったな」といい取り立てにいく。これがまたウンザリしてストレスになって煙草を余計に吸ってしまう。これはいけない。ということで禁煙する事にした。すると体の中がどんよりして目の焦点があわない。心臓がギュンギュンする。脳の中では「煙草吸わんかい!煙草吸わんかい!」と聞こえてきて、開始20分でゲームオーバー。喫煙室に飛び込み盛大にタバコをすい、明日からやめますよ。といってへらへらしたのでした。
f:id:akinobu0227572905:20170324111558j:image